アーカイブ

よくある質問

  • 何に健康保険が使えるの?
  • 骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)の急性外傷(いわゆるケガ)に適応します。
  • 鍼灸って痛いの?
  • いいえ、痛くありません。髪の毛くらいの細さの使い捨ての鍼を使いますので痛くありません。使いまわしもしませんので、ご安心ください。
  • 鍼灸治療って効果あるの?
  • 効果あります。痛みの軽減から様々な治療に対応できます。
続きはこちら
  • 養神館合気道龍
  • 長野式研究会
  • たいよう接骨院日誌

うわさの天使

いま当院では、天使が来院しております!

患者さんと事務さんたちとの間で、赤ちゃんを『天使のようだ、本当に天使のようだ』と話が盛り上がり、治療する側の我々も赤ちゃんの笑顔で癒されている、今日この頃です。

さて、何故赤ちゃんが来院してるかと申しますと、
赤ちゃんのケガではなく、お母さまのケガの治療のために来院しております。

p1140578

 

経験がある方もいらっしゃることでしょう。そう『ド・ケルバン病(いわゆる腱鞘炎)』です。
この腱鞘炎は一回の外力を受けた場合と、繰り返し軽い外力(刺激)が加わり気が付いたら痛くなっていた。というパターンとがあります。

腱のダメージなので接骨院で治療できます。
しかし、赤ちゃんの育児などで安静固定は困難。授乳やら何やらで鎮痛剤の使用も困難
さてどうするか?

統計上、腱のダメージって女性に多め。しかも産後などの後に多いのですが、どうしてでしょう?

お気づきですね?そうは勿論、腱も女性ホルモンの影響を強く受けます。
ここで鍼灸(東洋医学)の出番です。
炎症に関係するツボホルモンに関係するツボがありますので、薬を使うことなく安心して治療を受けられます。
そもそも病院ではないから、お薬・お注射はできないですけど。

鍼灸って実は施術の範囲が広いんです。
東洋医学ってすごい!!ただ魔法ではないんのでご容赦ください。

天使の笑顔を守るべく、精進します。

ちなみに赤ちゃんのお母さまに了解を得て、症例報告しております。
勝手にブログに書きませんので安心してください。

 

 

 

 

接骨院概要

たいよう接骨院
たいよう鍼灸院

治療内容

各種健康保険、交通事故、労災、
自費診療(針灸・耳つぼ・骨盤調整・筋トレ・美脚)

対応可能な症状

頸の痛み、肩の痛み、腕が上がらない、腰痛、
膝の痛み、肘が痛い、しびれる、足が痛いなど
様々な痛み、仕事・スポーツでの体の不調

受付時間
 
8:00~13:30 ※2
16:30~19:30 ※1 ※1 ※1

休診日:日曜・祝日・土曜午後

※1 火・水・木曜日は18:00まで
※2 土曜日は12:00まで

 
住所

〒270-0222
千葉県野田市木間ケ瀬4709

アクセス

東武アーバンパークライン・
川間駅から車で15分
明日香さんのすぐそば
駐車場10台あり

04-7197-1049