アーカイブ
  • お問い合わせ

よくある質問

  • 何に健康保険が使えるの?
  • 骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)の急性外傷(いわゆるケガ)に適応します。
  • 鍼灸って痛いの?
  • いいえ、痛くありません。髪の毛くらいの細さの使い捨ての鍼を使いますので痛くありません。使いまわしもしませんので、ご安心ください。
  • 鍼灸治療って効果あるの?
  • 効果あります。痛みの軽減から様々な治療に対応できます。
続きはこちら
  • 養神館合気道龍
  • 長野式研究会
  • たいよう接骨院日誌

更年期障害と鍼灸

P1140731

こんにちは、たいよう接骨院の鈴木です。
症例報告 更年期障害
主訴 ホットフラッシュ・手足の冷感
随伴症状 首肩の凝り(動きのぎこちなさ&コキコキ鳴る)・食欲不振

最近は過度なダイエットストレスetc様々な要因でホルモンバランスが崩れ、比較的早期から更年期障害の発症が起こる例が多いようです(男性も例外ではない)。

脈診 細/軟/やや数&尺落ち気味と胃の気の低下〔これだけでも、副腎系ホルモンの障害消化器の弱さ性ホルモン系の障害の存在が示唆されます〕
腹診 ※腹部瘀血(向かって臍の左側)ネーブル4時&8時(臍を時計の中心と見立てて4時と8時方向に圧痛がある・副腎系障害)

※既往歴   腹部のオペなどで西洋医学的には無問題でも、東洋医学的(&解剖生理学的見地から)腹部の細かい血管網リンパなどを臓腑や腹膜などの癒着がこれらを締め付けて渋滞が起こり、血液・リンパの流れが悪くなると考えます。

実際に西洋医学ではホルモン充填療法などで補う方向の治療をするようです。しかし東洋医学(鍼灸)では、ひび割れた・穴が開いて漏れてしまった・底抜けしそうorしている、というように補修します(もちろん漢方では補うなどがあるそうです)。

治療戦略
① 胃の気の補充と腹部瘀血の緩和・除去
② 副腎系ホルモン生成促進・性ホルモンの生成促進(西洋医学的に数値に現れなくても、症状の緩和はできます)
③ 首肩の凝り・動きのぎこちなさの緩解

①と②は体質改善(本治)③は随伴症状の緩解(標治)となります。①②の状態の良さが③に現れるので、本治なくして標治なし。
となります。
今回、瘀血の処置ホルモン系の処置のあと、首肩の治療を実施しましたので、首肩の凝り&コキコキ鳴る感じが消失しました。
ただ、医師にも言われたようですが、ホルモン系は長い治療期間を要するとのことです。
しかし、西洋医薬・漢方薬とで中から、鍼灸マッサージで外から刺激して中を整えるというように、ダブルで治療すると良いと考えます。

 

接骨院概要

たいよう接骨院
たいよう鍼灸院

治療内容

各種健康保険、交通事故、労災、
自費診療(針灸・耳つぼ・骨盤調整・筋トレ・美脚)

対応可能な症状

頸の痛み、肩の痛み、腕が上がらない、腰痛、
膝の痛み、肘が痛い、しびれる、足が痛いなど
様々な痛み、仕事・スポーツでの体の不調

受付時間
 
8:00~13:30 ※2
16:30~19:30 ※1 ※1

休診日:日曜・祝日・土曜午後

※1 火・木曜日は18:00まで
※2 土曜日は12:00まで

 
住所

〒270-0222
千葉県野田市木間ケ瀬4709

アクセス

東武アーバンパークライン・
川間駅から車で15分
明日香さんのすぐそば
駐車場10台あり

04-7197-1049