アーカイブ

よくある質問

  • 何に健康保険が使えるの?
  • 骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)の急性外傷(いわゆるケガ)に適応します。
  • 鍼灸って痛いの?
  • いいえ、痛くありません。髪の毛くらいの細さの使い捨ての鍼を使いますので痛くありません。使いまわしもしませんので、ご安心ください。
  • 鍼灸治療って効果あるの?
  • 効果あります。痛みの軽減から様々な治療に対応できます。
続きはこちら
  • 養神館合気道龍
  • 長野式研究会
  • たいよう接骨院日誌

肘内障(輪状靭帯・亜脱臼)その1

P1140577新型コロナウィルスで世界中が大騒ぎの今日この頃、本当に早く終息して欲しいと思います。

さて、当院はここのところ小児の肘内障が多く診られます。
肘内障は未だ成長途中の橈骨頭が輪状靭帯から外れかかっている状態(完全に抜けていない)で、肘関節の脱臼とは異なります。
医学書には2から4歳ころに多く診られる、とありますが1歳児にもあり得ますし5歳児にも起こりえます。多くは小学校に入学する頃には橈骨頭も成長して輪状靭帯も外れなくなります

当院には1歳児・3歳児etcと医学書の範疇を超える例もあります。
脱臼の整復は勿論早めがよいです。しかし経験上、肘内障に上腕骨外側上顆部の不全骨折(いわゆるヒビ)の合併という症例も見ております。些細な刺激でヒビ…これは度肝を抜かれました。

だからこそ、整復の前にはしっかりと視診・触診と問診が必要です。またエコー観察装置でもしっかりと患部の観察もします保護者や大人の目が届かないところで発生することも多いので、正確な発生機序の聴取が困難なことが多いですしね。

大人の脱臼は時間が経つと、筋肉が硬くなり、疼痛に対し防御してしまうので整復が大変になりますので、診察・治療は早めがよいです。(その2に続く)

 

写真はイメージです。

接骨院概要

たいよう接骨院
たいよう鍼灸院

治療内容

各種健康保険、交通事故、労災、
自費診療(針灸・耳つぼ・骨盤調整・筋トレ・美脚)

対応可能な症状

頸の痛み、肩の痛み、腕が上がらない、腰痛、
膝の痛み、肘が痛い、しびれる、足が痛いなど
様々な痛み、仕事・スポーツでの体の不調

受付時間
 
8:00~13:30 ※2
16:30~19:30 ※1 ※1 ※1

休診日:日曜・祝日・土曜午後

※1 火・水・木曜日は18:00まで
※2 土曜日は12:00まで

 
住所

〒270-0222
千葉県野田市木間ケ瀬4709

アクセス

東武アーバンパークライン・
川間駅から車で15分
明日香さんのすぐそば
駐車場10台あり

04-7197-1049